塗装の住環境工房の現場ブログ塗装の住環境工房の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 塗装の住環境工房の現場ブログ

住環境工房の活動ブログ 記事一覧

すが漏りに注意!豪雪地帯にお住まいの方必見!

  豪雪地帯の雪トラブルの一つとして「すが漏り」が挙げられます。ここではすが漏りの原因や対処方法などを紹介していきます。     雨漏りとすが漏り(すが漏れ)の違い   雨漏り 屋根に穴や劣化が生じている際、その欠陥部から雨水が屋内に浸入すること   すが漏り 雪や氷が屋根に留まることで屋根の排水が妨げられ、雪解け水が屋根材の接合部等から屋根内部に侵入すること   すが漏りが雨漏りと大きく違うところは屋根の劣化の有無が関係ないということです。 つまり、「屋根の上に雪がたまっている」、「つららができている」などに当てはまるご家庭はすが漏りが発生する恐れがあるため注意が必要です。   すが漏りしないためには   対処法は以下の2つが挙げられます。   除雪作業をこまめに行う   雪や氷が屋根の上に留まらなければすが漏れは起こりません。直接の原因を排除することはかなり効果的と言えます。ただし、除雪の際に屋根を傷つけ、雨漏りの原因を作ってしまっては本末転倒です。また転落等の危険もあるため、除雪作業はプロに任せるのが良いでしょう。     排雪のお問い合わせはこちらから   雪が滑りやすい屋根にする こまめに雪が落ちれば屋根に積もることはありませんし、少量の落雪であれば危険も少ないと言えます。しかし塗装してから年数が経つと滑りが悪くなり次第に雪が積もってしまいます。落雪に関する近隣トラブルも近年増えているため、定期的な塗装を心掛け、雪を積もらせない屋根にすることも対策として有効でしょう。 屋根塗装のお問い合わせはこちらから     無落雪の家でもすが漏りは起こります       屋根は一枚の鋼板でできているのではなく、何枚もの鋼板がつなぎ合わさって1枚の大きな屋根になっています。そのつなぎ目のことをハゼと言い、下の図のようにフック下部の隙間も満たすような雪解け水が溜まってしまうと、その隙間から水が漏れてしまいます。       屋根の断面図   またハゼは経年劣化によって徐々に開いていき、余計に水が浸入しやすくなります。他にもコーキングの劣化などによってすが漏りする可能性があるため、「ハゼ締め」や「コーキング打ち直し」を行うべきでしょう。       すが漏り修理はこちらから   もしすが漏りしてしまったら   すが漏りの応急処置方法はやはり屋根の上に積もった雪をなくすことでしょう。しかし全文でも述べたように雪下ろし作業は様々な危険が伴います。万が一、ご自身で雪下ろしを行う際は、必ず安全帯を装着し、2人以上で作業するようにしましょう。またはしごのかけ方、命綱のつけ方など、熟知した上で行いましょう。体力に自信がない、高いところが苦手など、少しでも不安要素がある方は必ずプロに頼むようにしましょう。     すが漏り修理は住環境工房にお任せください   住環境工房はすが漏りの修理はもちろん、その後のアフターフォローにも自信があります。 年に1回のアフターメンテナンスを行うことで、継続的にご自宅の屋根をお守りしていきます。 毎年訪れる雪のストレスを少しでも軽減できるよう尽力致します。 すが漏り点検はこちらから     まとめ   すが漏りとは屋根の劣化に関係なく、豪雪地帯ではどのご家庭でも起こり得る現象です。 雪から屋根を守るために、事前に屋根の状態をチェックするなどすが漏り対策を施し、冬の間は適度な雪おろしをするようにしましょう。 (2019.11.15 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識屋根塗装のご相談

札幌市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・基礎補修工事の様子を掲載しました!

札幌市の外壁塗装専門店・住環境工房の中道です(*^^*) 本日、札幌市K様邸の屋根塗装・外壁塗装・基礎補修工事の様子を掲載しました! K様は年1回のアフターメンテナンス時、外壁のサビと塗膜剥がれが気になっているとご相談を頂き、重点的に点検をさせて頂きました。 ヒアリングを続けると、実は3~4年前に塗装をされたばかりなのだとか。塗装はおおよそ8~10年(※立地条件や使用塗料によって異なります)はリフォームの心配をせずに生活ができるのですが、あまりにも早いリフォームです。 嫌な予感がする中、点検をしていくと次のことが明らかになりました。 外壁のサビ・塗膜剥がれの原因は、サビ止め(下塗り)を塗っていないことでした。サビ止めをしていればサビもなかったはずです。さらには高圧洗浄も省かれていたとのこと。完全なる手抜き工事の被害に遭われていたのです。 今回ご依頼を頂いたからには、K様邸は我が社の最高品質の施工と使用材料でお守りします。同じ思いは決してさせません! 我が社では高圧洗浄・下塗りをすることは当たり前。さらなる仕上がり向上のため、補修作業やハゼ締めで塗装前の下処理を念入りに行います。 高圧洗浄   ハゼ締め   下塗り   コーキング       約2週間の工期を経てK様邸はブルーが映えるすてきなお家になりました! BEFORE     AFTER     屋根塗装・外壁塗装のほかに、基礎の補修工事もご依頼いただき、全面見違えるほど美しくなりました°˖✧K様、この度は我が社に施工をご依頼いただき誠にありがとうございました。年に一回のアフターメンテナンスでこれから先もずっとアフターフォローをさせて頂きますのでご安心ください! その他仕上がり、施工工程等は施工事例で紹介しています。ぜひご覧ください( ^)o(^ ) 屋根塗装・外壁塗装・基礎補修工事が気になる方はこちらからお問い合わせください。 中道 ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.11.12 更新) 詳しく見る
基礎補強・補修のご相談外壁塗装のご相談屋根塗装のご相談

安全第一!はしご研修実施

皆さんこんにちは!住環境工房札幌店の中道です(^^) 先日、住環境工房札幌店のメンバー全員で「はしご研修」を行いました。 はしごを使用する際、何かをやったら「絶対に落ちない」「100%安全」ということはありえません。自分の安全は自分で担保する必要があります。回数を重ねれば必ず生じる慣れ・慢心を一喝し、怪我や事故を起こさないために行われたはしご研修は大変有意義な時間になりました。 はしごの積み下ろし はしごを車両へ積み込む際には以下の注意点があります。①車体幅を超えてはならない②積載物はみだし長さ=車体全長の1.1倍未満 積み込み方や固定の仕方も細かな決まりが存在します。     はしごは重量物であるため、持ち運ぶだけでも筋力・体力を要します。しかし札幌メンバーは毎日はしごを使用しているプロ集団!あっという間に積み込み作業を完遂しました。 はしご設置 はしご設置の前に重要なのが設置場所の選定です。雨樋や外壁から決まった幅のスペースがあるか、地面は水平か、スタビライザーを広げられるスペースはあるかなど…。 はしごを直接屋根にかける時は①はしごの角度が75°になるようにする②はしごの軒先に触れる箇所を変形・破損させないよう注意するなど複数のことに注意を払います。 北海道の住宅はほとんどが無落雪のため、今回の研修も無落雪の住宅で行われました。     屋根への昇り降り 必ずヘルメット、安全靴を着用し行います。腕の力だけで昇るのではなくはしごに体を寄せ脚力も使い負担を分散させます。 早く昇ることには何の意味もありません。一段ずつ確実に安全に昇ることがマスト。慣れているからと過信して早く昇ろうなんてことはご法度です! お客様のご自宅で安全に点検を行うことは当たり前のようでそうではありません。少しの気のゆるみで事故につながる可能性があります。住環境工房では今後も定期的に研修を行い、お客様にご満足いただけるサービスを提供できるようさらに精進してまいります! 今後とも宜しくお願い致します! 札幌支店のメンバー、お疲れ様でした(^^)/!!   中道   ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.11.08 更新) 詳しく見る

【究極】我が社のおもてなしとは?

皆さんこんにちは! 住環境工房札幌店の中道です(^^)/   本日、最新動画を公開いたしました! 再生時間はたった1分( ゚Д゚)!!!!!!マンガ形式で塗装の「知りたい」を叶える動画です。   今回の内容は 「究極!我が社のおもてなしとは?」です。 リフォームは工事して終わりではなく、工事してからがスタートです。施工後も末永く安全なお家を維持できるような取り組みや、お客様が気軽にお家の不調を相談できるような、関係構築のための取り組みなど 我が社のあり方を動画にしました。 是非ご覧ください( ^)o(^ ) 動画はコチラをクリック!   ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.10.19 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

苫小牧市 S様 ショールームご来店!

先月、苫小牧市 のS様がご家族でご来店されました( ^)o(^ )✧♡   あっという間にミニチュアハウスが息子様の秘密基地に早変わりです!可愛い~~癒される~~( ;∀;)♡♡   S様は外壁のコーキング、チョーキング、クラックなどの劣化が気になるとの事でポータルサイトよりお問い合わせいただきました。 契約日から1週間後に着工し、12日間の工事期間を経て、9月末に無事完工致しました。   相見積もりを複数とられていた中で、弊社を選んで頂き、心から感謝しております。来年より年に一回のアフターメンテナンスでお邪魔させて頂きますので、今後とも末永いお付き合いを宜しくお願い致します!   ショールームにご興味のある方はコチラからお気軽にお問い合わせください(^^)/     中道     ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.10.06 更新) 詳しく見る
ご来店日誌☆

恵庭市 Y様邸 基礎補強工事の様子を掲載しました!

おはようございます!札幌市の外壁塗装専門店・住環境工房の中道です(*^^*)   先日恵庭市Y様邸の基礎補強工事の様子を掲載しました~! Y様は2018年に弊社で屋根・外壁塗装を依頼してくださり、今回はその後のアフターサービス・点検でお伺いさせて頂きました。その際、基礎のひび割れを4箇所発見したため指摘させて頂き、工事を行う運びとなりました。     高速道路を支える橋の補強・補修にも使用されるアラミド繊維を使い、ひび割れの補修はもちろん、強度を増すことができました。     仕上がり、工程等は施工事例をご覧ください( ^)o(^ ) 基礎のひび割れが気になる方はこちらからお問い合わせください。   中道   ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.09.23 更新) 詳しく見る
基礎補強・補修のご相談

外壁のひび割れは放置すると爆裂するかもしれません!

9月13日(金)、土屋ホーム様の本社へお邪魔しました!   ご対応してくださった皆さん本当に素敵な方でした(*^-^*)   写真の左側にも映り込んでいますが… 土屋ホームと言えばやっぱり葛西選手ですよね! 今年ももうすぐ雪が降る季節がやってきます❅ ところで、皆さんのお家の外壁は冬を越せる状態ですか?? 外壁の爆裂 外壁のひび割れを放置すると爆裂を起こす可能性があります。   爆裂とは何か 春先の道路を思い出してみてください。 毎年いたるところに穴がボコボコあいていませんか? あれも実は外壁の爆裂と同じ現象です。 道路のひび割れに雪解け水が浸み込み、気温が下がると凍ります。凍ると体積が膨張して、ひびが広がります。 また気温が上昇、低下することによって膨張を繰り返し、ひび割れはさらに大きくなります。 そこに衝撃が加わることで爆裂し穴が開きます。     外壁のひび割れに置き換えて想像してみてください もう一度問います。 皆さんのお家の外壁は冬を越せる状態ですか? 北海道の厳しい冬を迎える前に、ぜひ対策をして頂きたいです。 無料診断のお問い合わせや見積もり依頼はこちらから。   中道   ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.09.14 更新) 詳しく見る

失敗しない!塗装業者選びのポイント3選!

「屋根塗装・外壁塗装の見積もりを数社でとったが、どこも金額・工事内容がバラバラで、どこに頼んだら良いのかわからない」 見積もりを依頼されたお客様からよく聞くご相談です。 今回は、手抜き工事被害を防ぐ『優良業者の選び方』を厳選してお伝えします!   目次 鉄則!金額だけで判断してはいけない 知ってる?正しい工事内容 抜き打ちテスト!現場調査で試す会社の信用度     鉄則!金額だけで判断してはいけない   塗装工事を検討する時、「できるだけ安く済ませたい」と思うのは当たり前です。 では、みなさんは何をもって安いと判断していますか? この章では、以下のA社とB社を比較して、どちらの方が本当に安いのか考えていきます。 施工内容 ケレン 下塗り1回 上塗り1回 金額 600,000円         施工内容 ケレン 高圧洗浄 ハゼ締め 下塗り1回 上塗り2回 金額 800,000円   金額だけ見るとA社の方が安いのがわかります。 なぜ安いのでしょうか?原因はB社との違いに隠れています。 B社との違い 職人が1人→人件費カット 使用材料が少ない→材料費カット 施工工程が少ない→手間カット   この違いが生み出すリスクは何でしょう? ・職人の人数が減っても工期を伸ばせるわけではなく、必然的に飛ばす工程が出てくる ・材料が減っても塗る範囲は変わらないので、水やシンナーをいれ、かさ増しをして、塗料本来の力が発揮されず耐用年数が格段に下がる ・下地処理や塗装回数を減らすことにより、塗料ののりや耐久性が格段に落ちる  以上のように、A社は価格を抑えるために仕上がりの質を下げています。 その結果、A社の場合、環境によって異なりますが、3年ほどでまた塗装工事が必要になることが予測されます。 B社なら、塗料の種類や環境によって異なりますが、10~15年は塗装の心配をせずに過ごすことができると思います。   話を戻します。ここで改めてA社とB社、どちらが安く済むのか考えてみましょう。 もうお分かりかと思いますが、A社の場合、費用対効果が得られず何度も工事を繰り返す羽目になり、さらに工事のたびに足場を建てることから金銭的にも精神的にもストレスとなります。つまりB社の方が長い目で見たときに価格もストレスも最小限に抑えられます。   まとめ 業者を選ぶときは価格を比較することも大事ですが、見積書の工事内容や材料等もしっかり確認することをお勧めします。 また、中には見積書の内容が一式で表示されている業者もあるようですが、こういった業者は手抜き工事をしても書面に詳細の記載がないため責任を負いません。A社のように数年で塗装効果がきれるリスクが高いため避けるのが無難でしょう。     知ってる?正しい工事内容   見積書の工事内容を確認しても、どの工程が必須項目なのかわからなければ、どの会社が最善なのか判断ができません。 この章では、正しい塗装工事の手順を紹介していきます。   工程① 現場調査 適正な見積りを出すための必須の作業です。 塗装の傷み具合だけではなく、ひび割れや目地のコーキングの状態などを調べて、補修工事が必要かを見ます。 ※この補修工事をしっかりしないと、綺麗に塗装してもその部分から剥れたり、ひび割れの部分から塗料が吸い込まれ部分的に弱い塗装になったりします。 調査後、口頭だけでなく、写真をお見せしながらお客様にわかりやすくお伝えします。 寸法を測らない、屋根にのぼって目視で確認しない等、現場調査を雑に行う業者は、その後の工程を丁寧に行うことはないと考えてよいでしょう。   工程② 足場架設 作業効率アップ、事故防止のために足場を仮設します。近隣住宅や植木、車への塗料の飛散防止のため、養生ネットはしっかり貼ります。 また架設時は騒音トラブルが起こる可能性があるので、事前にご近隣の方へあいさつ回りをしてもらうよう業者に依頼しましょう。 工程③ ケレン・高圧洗浄 カビやサビなどの汚れをやすりや高圧洗浄機等で根こそぎ落とします。 また敢えて表面に傷をつけることで、塗料の密着性を高くしています。汚れが残ったままで塗装すると、塗料の密着性が弱くなり、仕上がりの色合いや耐久性に影響がでてします。 工程④ 養生 窓やドアの周りなどに塗料が付着しないように、養生をします。しっかり養生するか否かで、仕上がりに大きく差がでます。   工程⑤ ハゼ締め 屋根は複数枚の鋼板が重なって1枚の屋根になっています。 鋼板同士が重なる部分をハゼと言います。 つまりハゼ締めは、スレート屋根(板を重ねているように見える屋根)の場合に必ず必要となる作業です。 このエンギリを行っていないと雨漏りの原因になります。 最近ではこのエンギリ作業をしなくても済むように、タスペーサーというものを予め屋根に挿して板の隙間をふさがないようにして塗装をすることが出来ます。   工程⑥ 下地処理 現場調査で見つかった外壁のひび割れ等を、修製材を用いて補修します。 他にもコーキングの打ち直しや外壁ボードの釘の打ち直しをします。 工程⑦ 下塗り(塗装1回目) 壁や屋根の素材と、工程⑧の中塗りで使用する塗料の密着度を高める接着剤のような役割を果たします。この工程をしないと、塗装が長持ちせず、劣化が早くなります。   工程⑧ 中塗り(塗装2回目)・上塗り(塗装3回目) 塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせるために中塗りを行います。中塗りで下地(壁)を覆う力を高めた後、上塗りでキレイに色を付けて塗装の最終仕上げを行います。中塗りと上塗りには同じ材料が使われます。   工程⑨ 細かい部分の塗装 見落としがちな細かい部分や、ベランダ、車庫、手すり、灯油タンク等を塗装します。   工程⑩ 仕上がりの確認 養生をしたネットやビニールシートを外して、仕上がりの確認をします。 ひび割れ補修ができているか、養生のはがし忘れがないか、窓廻りなど、塗料がついてはいけない箇所に塗料が付いていないか等念入りに確認します。   工程⑪ 足場解体・掃除 足場を解体して撤去をします。足場の解体などででたごみの回収や敷地周りの掃除をして、工事前通りキレイにします。   工程⑫ 施工報告 どのような工事をしたのか書面で報告します。 良心的な会社は一連の工事内容を記載した『工事内容報告書』を提出してくれます。   まとめ 以上12工程は必須の工事内容です。 一つでも抜けていればそれは手抜き工事と言えます。 見積書と照らし合わせ、抜けている工程はないか確認しましょう。 判断がつかなければ、直接職人さんに直接聞いてみるのも良いと思います。 工事に必要な工程を行ったうえで良心的な価格を提示してくれる業者を見抜くよう心がけましょう。   抜き打ちテスト!現場調査で試す会社の信用度 この章では、現場調査で優良業者を見極めるための方法を紹介します。   仕事ぶりが丁寧か確認する ひとつ前の章で、現場調査を雑に行う業者はその後の工程も雑になるとお伝えしました。 現場調査に来た人が打診棒等を使って詳しく調査してくれているか、寸法など丁寧に図っているか、確認しましょう。   工事内容を直接聞いてみる 「ケレン作業はしますか?」「塗料は3回塗りですか?」「施工後、報告書はいただけますか?」 この聞き方だと、本当はいいえでも「はい」と答えてしまいます。 これでは意味がありません。 「屋根塗装の工事手順を教えていただけますか?」「塗料は何回塗りですか?」「施工内容の報告はどのようにしていただけますか?」 このように相手に答えさせる聞き方をすると良いでしょう。 また約束事は必ず書面に残してもらうようにしましょう。 言った言わないの問題が発生するリスクを抑えます。   プロとしての提案・知識を聞いてみる 職人に質問をした時に「確認してきます」と都度指示を仰いだり、言葉に詰まったりする場合、施工実績が少ない可能性があります。 お客様が抱く不安を即座に解消できるプロとしての提案をしてくれるところに依頼をかけることをお勧めします。   まとめ 当たり前ですが、必ず現場調査の際は立ち会って、業者の比較をしましょう。 正しい工程を正確かつ丁寧に行ってくれる業者なのか、イレギュラーなことも臨機応変に対応できる実績があるのか等、現場調査を通してしっかり見極めることが塗装工事を円滑に進めるポイントとなります。       いかがでしたか? 優良な業者を見極めるポイントとして、 価格だけでなく、工事内容を深く理解すること ある程度自分自身が塗装工事の内容等、知識を身に着ける必要があること 実績があり、正確で丁寧な工事をしてくれる会社かどうか現場調査に立ち会って判断することを紹介させて頂きました。   「プロに相談したい!」「判断できるか不安!」という方はお気軽にお問い合わせください。   (2019.09.13 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識外壁塗装のご相談屋根塗装のご相談

大成功!!!

胆振東部地震から1年 防災への意識高まる 9/1(日)、東区民センター別館にて『住まいの防災セミナー』を開催しました! ▲セミナーの様子 セミナーに参加していただいたお客様からは、「ライフラインが止まってしまった時の対策がとてもためになった」「早速今日から防災グッズを揃えていきたい」「2回目はいつやるの?今から楽しみ」 などたくさんのうれしいお声を頂きました!! ▲セミナーの様子 ▲防災クイズの様子 ▲クイズ全問正解のお客様へ防災バッグのプレゼント そしてなんと!!! 本日発行の読売新聞に、『住まいの防災セミナー』の様子が掲載されました!!是非読んでみてください!! このセミナーを機に、改めて震災に対する危機感を高め、今この瞬間から、防災グッズを揃える・お家の耐震診断を受けるなどの“行動”に移していただけることを願っています。 明日を当たり前に迎えられる様に!大切な人を守るために! 来年もできたらいいな(*^^*) ▲セミナー終了後の住環境工房メンバー(顔がほっとしてる笑) 中道 ◆◆◆お問い合わせ◆◆◆住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンスhttps://sapporo.med-tosou.com/ ~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~ (2019.09.02 更新) 詳しく見る
新着情報メディア掲載スタッフブログセミナー情報