塗装の住環境工房の現場ブログ塗装の住環境工房の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 塗装の住環境工房の現場ブログ > 新着情報 > すが漏りに注意!豪雪地帯にお住まいの方必見!

すが漏りに注意!豪雪地帯にお住まいの方必見!

 

豪雪地帯の雪トラブルの一つとして「すが漏り」が挙げられます。
ここではすが漏りの原因や対処方法などを紹介していきます。

 

 

雨漏りとすが漏り(すが漏れ)の違い

 

雨漏り

屋根に穴や劣化が生じている際、その欠陥部から雨水が屋内に浸入すること

 

すが漏り

雪や氷が屋根に留まることで屋根の排水が妨げられ、雪解け水が屋根材の接合部等から屋根内部に侵入すること

 

すが漏りが雨漏りと大きく違うところは屋根の劣化の有無が関係ないということです。

つまり、「屋根の上に雪がたまっている」、「つららができている」などに当てはまるご家庭はすが漏りが発生する恐れがあるため注意が必要です。

 

すが漏りしないためには

 

対処法は以下の2つが挙げられます。

 

除雪作業をこまめに行う

 

雪や氷が屋根の上に留まらなければすが漏れは起こりません。直接の原因を排除することはかなり効果的と言えます。ただし、除雪の際に屋根を傷つけ、雨漏りの原因を作ってしまっては本末転倒です。また転落等の危険もあるため、除雪作業はプロに任せるのが良いでしょう。

 

 

排雪のお問い合わせはこちらから

 

雪が滑りやすい屋根にする


こまめに雪が落ちれば屋根に積もることはありませんし、少量の落雪であれば危険も少ないと言えます。しかし塗装してから年数が経つと滑りが悪くなり次第に雪が積もってしまいます。
落雪に関する近隣トラブルも近年増えているため、定期的な塗装を心掛け、雪を積もらせない屋根にすることも対策として有効でしょう。

屋根塗装のお問い合わせはこちらから

 

 

無落雪の家でもすが漏りは起こります

 

 

 

屋根は一枚の鋼板でできているのではなく、何枚もの鋼板がつなぎ合わさって1枚の大きな屋根になっています。そのつなぎ目のことをハゼと言い、下の図のようにフック下部の隙間も満たすような雪解け水が溜まってしまうと、その隙間から水が漏れてしまいます。

 

 

 

屋根の断面図

 

またハゼは経年劣化によって徐々に開いていき、余計に水が浸入しやすくなります。
他にもコーキングの劣化などによってすが漏りする可能性があるため、「ハゼ締め」「コーキング打ち直し」を行うべきでしょう。

 

 

 

すが漏り修理はこちらから

 

もしすが漏りしてしまったら

 

すが漏りの応急処置方法はやはり屋根の上に積もった雪をなくすことでしょう。
しかし全文でも述べたように雪下ろし作業は様々な危険が伴います。
万が一、ご自身で雪下ろしを行う際は、必ず安全帯を装着し、2人以上で作業するようにしましょう。
またはしごのかけ方、命綱のつけ方など、熟知した上で行いましょう。
体力に自信がない、高いところが苦手など、少しでも不安要素がある方は必ずプロに頼むようにしましょう。

 

 

すが漏り修理は住環境工房にお任せください

 

住環境工房はすが漏りの修理はもちろん、その後のアフターフォローにも自信があります。

年に1回のアフターメンテナンスを行うことで、継続的にご自宅の屋根をお守りしていきます。

毎年訪れる雪のストレスを少しでも軽減できるよう尽力致します。

すが漏り点検はこちらから

 

 

まとめ

 

すが漏りとは屋根の劣化に関係なく、豪雪地帯ではどのご家庭でも起こり得る現象です。

雪から屋根を守るために、事前に屋根の状態をチェックするなどすが漏り対策を施し、冬の間は適度な雪おろしをするようにしましょう。

 

 

 

◆◆◆お問い合わせ◆◆◆
住環境工房・札幌本店 メッドコミュニケーションズ株式会社
北海道札幌市東区北28条東21丁目5-14 コスモビル1階
フリーダイヤル 0120-111-321 FAX 011-776-7750
リフォーム・塗装・外壁塗装・屋根塗装・住宅のメンテナンス
https://sapporo.med-tosou.com/
~品質ダントツ/札幌市の外壁塗装 匠の技術と一生涯のメンテナンス~